今週の法語解説

3月20日

  如来さんの家に
  おいてもろうて
  おりますけえな
      (有福の善太郎)


   病床で余命いくばくもないむ祖母が「お念仏がとぎをしていて下さるで、寂しいこ
  とはない。「ナンマンダブ」とつぶやきました。
   如来さまが一緒にいて下さる。一緒というのは、仏心の中に摂め取って捨てたまわ   ぬという一緒なのです。
   「摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる」(和讃)と示されているよう
  に、如来さまのまちがうことのない確かさの上に、日々を生きるのです。
             (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)