今週の法語解説

11月1日

   大悲の親は

   不思議な親で

   目にも見えのに

   声で知れるよ

         (浅原才市)


   「立ちて呼ぶ 弥陀の御姿 親姿 南無阿弥陀仏 親したふ聲」(斎藤政二翁)。
  「不思議」という言葉は「思議できない・人間の理解も及ばない」という意味です。
  人間は五感で物事を認識しますが、我々人間の理性や感性を超えた世界が信仰の姿
  です。
   才市翁も政二翁もお念仏の中で阿弥陀さまに遇っておられました。
           (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)