今週の法語解説

10月1日

   わたしゃ忘れて

   くらすのに

   むねに六字の声がする

         (浅原才市)


   才市さんにとっては、一切がお念仏のはたらきの中であります。私が仏恩を
  喜ぶ、忘れて喜べぬにかかわりなく、お念仏は私にはたらきかけていて下さい
  ます。
   喜べるときには、自分の思いで喜ぶのではなく、お念仏が私を喜ばせて下さ
  り、忘れたときには、忘れる私だからこそと気づかせて下さるお念仏を喜ばせ
  ていただいたのであります。
           (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)