今週の法語解説

8月10日

  この善太郎が
  惜しい 欲しいの心が
  餓鬼道のたねとなる
      (有福の善太郎)


   仏弟子の目連様が餓鬼道に堕ちた母を救おうとして、お釈迦さまの導きによって施し
  を行い、母が餓鬼道から救われたというのがお盆の起源だといわれています。
   毎日の私の思いや行為が私の世界をつくるのです。私の惜しい欲しいの貪りの心と
  行為が私自身の餓鬼の世界を作っているのです。
             (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)