今週の法語解説

6月20日

  どうしても
  助けにゃ
  おかぬの
  大願だけのう
      (足利源佐)


   私の不幸を悲しみ、私の幸せをそのまま自分の喜びとして、私とともに生きてくだ
  さる阿弥陀さまにとって、私を助ける(仏にする)ことが自分自身が仏に成る条件で
  あり、最大の願いであって約束ごとでもあります。その証拠がナモアミダブツであり
  ますから、どうしても助けなければ約束を果たされないという、阿弥陀さまのお慈悲
  に安心し切った言葉です。
             (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)