今週の法語解説

5月20日

  ご恩しらずたぁ
  わたしのことよ
  ご恩わすれて
  日をくらす
      (小川仲造)


   仲造さんは、如来大悲の恩徳を「ご恩うれしや」「ご恩とうとや」と喜んでいます
  が、如来さまのご恩を忘れがちな日々を見つめて「ご恩お慈悲と口では言えど 心恥
  かし うそばかり ご恩しらずた わしがこと」「親のご恩も忘れて暮す こんな邪
  見なわたくしを ゆるしゃせぬ(離さない)との親さまがウレシ貴トヤなむあみだぶ
  つ」と言っています。    (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)