今週の法語解説

5月10日

  母親のご恩徳は
  大海の底よりも深い
  ご恩徳
  なむあみだぶつ
      (有福の善太郎)


   母の日、母ありてこそわが命、今日の日よと思います。「釈迦弥陀は慈悲の父母、
  種々に善巧方便し」(御和讃)の聖人のお心の中に、母の願いにたとえられた如来の
  慈悲の深さを味わいながら、お育てを受けた母の恩を偲び、無限の慈悲に包まれて、
  「生かされてこそ生きる人生」を、ひしひしと感じます。
             (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)