今週の法語解説

5月1日

   才市や
   ご恩をだれとよろこぶ
   あなたと二人
         (浅原才市)


    才市さんは、日々の暮らしをご縁として「ご恩うれしや、なむあみだぶつ」
   と仏恩報謝のお念仏を申していましたが、その念仏は才市が申す念仏ではな
   く、「如来さんから鳴り出して下さる」お念仏であり、と同時に如来さんは
   念仏申す才市といつも二人連れなのです。
    「一人いて喜ばば二人と思え、その一人は親鸞なり」(御臨末御書)。
           (『山陰 妙好人のことば』発行 山陰教区教務所)